ブログアーカイブ

~ 黒豆のお話 ~ その8

最古の「豆豉」が発掘された馬王堆漢墓のお話(3) 馬王堆漢墓の被葬者もまた、世界に衝撃を与えました。 三つの墳墓からはそれぞれ被葬者が発掘されました。2号墓からは盗掘の結果遺骨が散乱した状態の初代軑侯・利蒼が、3号墓から

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その7

最古の「豆豉」が発掘された馬王堆漢墓のお話(2) 馬王堆漢墓からは当日常識を覆す衝撃的な品々が出土しました。 発掘では被葬者のほか、計3000点にも及ぶ副葬品が出土しています。この副葬品には漆器・織物・土器・竹器・木器・

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その6

最古の「豆豉」が発掘された馬王堆漢墓のお話(1) 中国南部の湖南省長沙市の東郊外の発掘現場は2つの連なる小高い丘で、昔から馬という姓の王侯や古代長沙王の母が埋葬されている等の大きい墳墓があると伝えられていました。これらの

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その5

黒豆っていつ頃からあるの?(4)-最古の「豆豉」- 今までの情報を総合すると、中国では紀元前17世紀頃に大豆の栽培が始まり紀元前700年頃にはその前身が生まれた「豆豉」は、紀元前200年頃の漢の時代には現在と同じカタチで

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その4

黒豆っていつ頃からあるの?(3)  戦国から秦・漢時代にかけて、人々は大豆を主食とするのと同時に大豆を副食品に加工する方法を模索してきました。 前述の『楚辞』の記述の通り、豆豉はこの時代の人々が作り出したものであると考え

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その3

黒豆っていつ頃からあるの?(2)  戦国から秦・漢時代にかけて、多くの文献で「菽(=大豆を主体とした豆類の総称)」・「粟」に関する記録・記載が見られます。 例えば、戦国時代の法家の書物である『管子』には「菽・粟足らず。商

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その2

黒豆っていつ頃からあるの?(1)  「黒豆(=豆豉)」は大豆を原料としています。ですので、大豆がいつ頃から中国の人々に食べられるようになったかというところから考えてみたいと思います。 大豆の起源を考古学及び文献資料から推

カテゴリー: 黒豆のお話

~ 黒豆のお話 ~ その1

福養軒自慢の「黒豆」って何?  福養軒の「黒豆」とは「豆豉」の事を言います。 「豆豉」は旨みと栄養が豊富とされていて、特徴であるまろやかなコクとふくよかな香りが多くの人々から好まれている中国伝統の豆類発酵食品です。最近で

カテゴリー: 福養軒etc, 黒豆のお話
最近のコメント