『国指定重要文化財 旧横浜正銀行本店本館』の碑

「国指定重要文化財 旧横浜正銀行本店本館」の碑です。

A post shared by 横浜中華街 福養軒(三代目) (@fukuyoken3daime) on

JR関内駅近くにある馬車道通りを海の方向進み、通りが終わるところの近くに神奈川県立歴史博物館があります。
その博物館の馬車道に面したところにこの碑はあります。

案内板には「横浜正金銀行(よこはましょうきんぎんこう)は、安政6年(1856年)の横浜開港以来、外国商人が主導していた貿易金融取引を改善するため、明治13年(1880年)2月28日に設立された。その後政府の保護を受けて外国貿易関係業務を専門的に担当する銀行として成長し、大正8年(1919年)には世界三大為替銀行の一つに数えられるようになった。
この建物は明治37年(1904年)に横浜正金銀行本店として建設され、屋上部分に八角形のドームを持つドイツルネサンス様式の近代建築物として知られている。設計者は明治を代表する工学博士、妻木頼黄(つまきよりなか)。煉瓦、および石造。
大正12年(1923年)の関東大震災や昭和20年(1945年)の横浜大空襲の災禍を乗り越え、昭和42年(1967年)に増築した新館とともに、神奈川県立博物館となった。
また、明治時代の洋風近代建築物として貴重なことから、昭和44年(1969年)に国の重要文化財の指定を受け(ただし、内部の文化財指定は正面玄関広間のみ)、更に横浜正金銀行とその周辺地が戦前の貿易や金融の分野で重要な役割を果たしたことが評価され、平成7年(1995年)に、広島原爆ドームと同時に近代史跡として初めて、国の史跡としての指定を受けた。」とあります。

県立博物館といえば、小学校低学年の時の思い出があります。
当時入ってすぐのところに確か帆船の模型が置いてあって、それを見た小学校低学年の私はどうしてもその模型を触りたくて触りたくて、、、ついつい展示場所の「これより中に入ってはいけません」というスペースの中に入ってしまいました。
すると。。。「ブ-----!!!」とけたたましくなるブザー音。本当にあれはビックリしました(笑)。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント