「わが国最初の日本人のためのカトリック教会」の碑

「わが国最初の日本人のためのカトリック教会」の碑っす。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

横浜の桜の名所である大岡川沿い、京浜急行日ノ出町駅から黄金町駅のあいだの中間地点付近のあるカトリック末吉町教会にこの碑はあります。

「当末吉町カトリック教会は、1874年(明治7年)わが国最初の日本人のためのカトリック教会としてこの横浜の地に誕生しました。以来、歴代の司祭、信徒、地域の人々に支えられて幾多の困難を乗り越え、今日に至りました。脈々として絶えることなくささげられてきた日曜日ごとのミサ聖祭は、教会の生命であり、誰に対しても開かれております。
当教会は、戦前までは近くの若葉町にありましたが、戦後この地に移りました。また、近隣の保土ヶ谷、磯子、港南のカトリック教会は当教会からうまれたものであります。
当教会の由来を一人でも多くの方々に知って頂きたく、百二十年を迎えた事を感謝しつつ、ここに碑文を記すものであります。」と碑文にあります。

敷地内には幼稚園があり、お子さんの笑い声などが絶えず聞こえて来ていました。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント