「日本で最初のガス灯」の碑

「日本で最初のガス灯」の碑です。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR関内駅の北口を出て横浜方面に進み、信号を渡ってすぐの通りである馬車道を海に向かって少し進んだところにある関内ホールの前に, 2本のガス灯とともにこの碑があります。

「安政6年(1859)に開港場となって以来、横浜は西洋文化の玄関口となりました。馬車道を起点にして全国に拡がったものも数多くあります。
ガス灯は、明治5年(1872)に、高島嘉右衛門の「日本ガス 社中により、馬車道・本町通り等に設置、点灯され、これが日本における最初のガス灯となりました。柱部は英国グラスゴー市から輸入し、灯具は日本人職人により製造されたと言われます。このたび、横浜市市民文化会館(関内ホール)新築完成を記念して、当時の型をモデルとしたガス灯を・復元設置しました。壁面レリーフは、横浜開港資料館所蔵の絵はがきを転写したもので、明治末期の馬車道です。」とあります。

ちなみに馬車道通りにある街灯、ガス灯風の電灯ではなく本当のガス灯だそうです。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント