「二代目横浜市庁舎基礎遺構」とその碑

「二代目横浜市庁舎基礎遺構」とその碑です。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR関内駅の目の前に横浜市庁舎があり、市庁舎の向こう側に横浜スタジアムがあります。
市庁舎の横浜スタジアムに面した側、JR関内駅寄りの場所にこの遺構と碑はあります。

「この遺構は平成25(2013)年12月、市庁舎緑化工事に伴って発見された二代目市庁舎の基礎の一部です。
二代目横浜市庁舎は、本町1丁目にあった初代市庁舎手狭になったことを受けて、明治44(1911)年6月25日に竣工しました。
外観は、煉瓦作りのルネサンス様式で、全体に白い自然石(白丁場石)の帯でまいている華麗な建物でしたが、大正12(1923)年の関東大震災で被災し、焼失しました。
市制施行後の最初に作られた本格的な庁舎であり、横浜市制黎明期の公共建築のひとつとして貴重な遺構と言えます。
また、関東大震災の被災状況を伝える震災遺構としても貴重であると言えます。」と碑文にあります。

横浜の遺構や碑で大正12年の関東大震災が関係しているものを見かける事はそれほど少なくはない印象です。
100年近く前の災害で起った事が5年前にも起こったという事を耳にする事がありますしそれが近々でも起こったという話も耳にします。表層的には違うかもしれませんが、本質的な部分では、昔も今も案外同じものが根底に流れているというか同じような問題が起きるというか、そういうのが多いのかなあと思ったりもします。

過去にあった事を忘れず、また今起こっている事をしっかりと把握し、学び、忘れないというのが大切なのかなあという思いをあらたにしましたが、きっとそれが一番難しいんですよね(笑)。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント