「野毛山住宅亀甲積擁壁」の碑

「野毛山住宅亀甲積擁壁」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR桜木町駅から新横浜通りを渡り野毛方面に進み、野毛三丁目の交差点を中央図書館方面に野毛坂通りを上がり、中央図書館の手前にこの碑と壁があります。

この野毛山住宅亀甲積擁壁は1890(明治23)年~1893(明治26)年築造と推定されています。明治期に生糸や米穀物商として成功した横浜の豪商・平沼専蔵(1836-1913)の邸宅があった場所で今はマンションになっています。

お城の石垣を思わせるようなとても見事な六角形の石が積み上げられています。だから亀甲積というんでしょうね。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント