『吉田橋関門跡』の碑

『吉田橋関門跡』の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR関内駅近く、伊勢佐木町の商店街であるイセザキモールと馬車道の間の地下に通る首都高速にかかる吉田橋の上にこの碑はあります。

『安政六年(一八五九)六月二日、横濱が開港となって交易場、貿易港として栄えるにしたがい、幕府は、開港場の施設の充実にあたり、陸路である東海道からの横浜路を開設するとともに、当時、伊勢山下から都橋付近まで入海であったことから木橋を架け、その後、本橋が吉田新田から架橋されたことにより「吉田橋」と呼ばれました。
吉田橋が設置されてからは、当地は交通の中心地となり、その治安を図るため橋のたもとに関門を設け、武士や町人の出入りを取り締まりました。
関門は、当初港町側に設けられましたが、文久四年(一八六四)二月に吉田町側に移設されました。
関内、関外という呼び名はこの時以来で、関内は馬車道側、関外は伊勢佐木町側を指し、その関門は明治四年に廃止されました。』

と碑文にあります。

昔からここらへん一帯は「関内」と呼んでいたのは間違いないのですが、実は「関外」という言葉を知ったのはここ数年の事でした。「関外」という言葉が急に使われ始めて『「関外」ってどこの事か知ってる?』と家族や古くからの友人達に聞いた事もありましたが、正確に「関外」がどこを指すのか分かっている人間がおらず長い間の謎となっていたのですが、今回のこの碑文でやっと解決しました。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント