『コクリコ坂から の舞台 横浜』の碑

「コクリコ坂から の舞台 横浜」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

港の見える丘公園内の展望台付近、ちょうど港を見て右側にこの碑はあります。

『2011年夏に公開されたスタジオジブリ作品「こくりこ坂から」は、1963年の横浜が舞台です。
映画には横浜港はもちろん山下公園や横浜マリンタワーなど、当時から現在まで大切に大切に受け継がれる様々な場所が登場します。横浜は、いくつもの古き良きものを大切に守っていく街です。
主人公の松崎海は、自分が切り盛りする下宿屋「コクリコ荘」の庭で、毎朝「安全な公開を祈る」という意味の2枚の国際信号旗を掲げていますが、その「コクリコ荘」がある場所は、港が見える丘公園がモデルとされています。
港が見える丘公園にたなびく旗を見上げ、また眼下の横浜港を眺めながら、「コクリコ坂から」の世界観に身をゆだねるとともに、舞台の地「横浜」をお楽しみください。』と碑文にあります。

横の旗も映画にちなんだものだったんですね。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント