『レンガ造り井戸遺構』の碑

「レンガ造り井戸遺構」です!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

港の見える丘公園の左手のエリア、緑に覆われた区画は幕末から明治にかけフランス軍が駐屯していた事からフランス山と呼ばれています。

この区画には駐屯時の遺構が色々残っていて、この井戸遺構もその一つです。

「このレンガ造り井戸は、明治29年(1896)のフランス領事公邸竣工時に、上水道が山手まで敷設されていなかったために設置されたものです。水はすでに涸れていますが、井戸の深さは約30mで、使われているレンガは、円形に積むために扇形をしています。
また公園整備の工事に際し、井戸の周囲から井戸水汲み揚げ用風車の基礎4基も出土しました。右側に現状保存したのはそのうちの一つです。
今回、かつてのフランス山をしのぶ貴重な遺構として保存整備を行いました。」と碑文にあります。

井戸の中を覗き込めるようになっているのですが、緑が鬱蒼と生い茂っていて井戸の底までは見えないような気がします。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント