『横浜ボウリングの発祥』の碑

「横浜ボウリングの発祥」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

みなとみらい線の 元町・中華街駅の元町側出口の隣にある “山手迎賓館”の向かい側に「港の見える丘公園」のフランス山地区の入り口があり、入り口の区画、右手のほうにこの碑が建っています。

『1864年(元治元年)横浜外国人居留地内に長崎に次ぎボウリングサロンを開場した記録がある。THE JAPAN HERALD NO.115 MAY 7TH 1864 ここに横浜ボウリング発祥の碑を建立する。』と碑文にあります。

日本で最初のボウリング場は 1861(文久元)年に長崎に出来たとされています。横浜ではその3年後の1864(元治元)年にこの場所に開場したようです。

ボーリング場と言えば、この近く、川を挟んで向こう側にマリンタワーがあるのですが、マリンタワーの近くにもボーリング場が昔ありました。

私はこの近くで育ったのですが、5歳上の姉にはこのボーリング場の記憶が鮮烈にあるようなのですが、私にはまったく記憶がありません。

5年という年齢の違いは大きいんですね。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント