『生糸貿易商 中居屋重兵衛店跡』の碑

「生糸貿易商 中居屋重兵衛店跡」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR関内駅からTVK方面に歩き、TVKがあるエリアと開港記念会館があるエリアのあいだのエリアを通る関内桜通りにこの碑はあります。

「中居屋重兵衛は、上野国吾妻郡中居村(現在群馬県吾妻郡嬬恋村三原)の出身で、横浜が開港した安政六年(一八五九)に横浜に進出し、黎明期の生糸貿易を担った貿易商です。その取引量は全輸出生糸の過半を超え、幕末の生糸貿易は中居屋によって支えられました。彼の店には全国各地の商人が生糸を持ち込み、多くの外国商人が生糸買付けに訪れたと伝えられます。
 文久二年(一八六二)に刊行された「横浜開港見聞誌」は、中居屋の店の様子について、商談に訪れる外国人の目を楽しませるために、金網を張った中庭に小鳥を放ち、座敷の廻りにはガラス張りの大きな水槽を置き、金魚を泳がせていたと記しています。豪商中居屋の隆盛を伝える記述です。
 中居屋は横浜発展の礎を築いた人物であり、明治時代になると、その事業は多くの生糸貿易商に引き継がれました。そして、横浜は日本最大の貿易都市に成長していきました。現在、中居屋の活躍は遠い過去のものになってしまいましたが、この地が中居屋重兵衛の店があった場所として永く後世に伝えられることを願っています。」と碑文にあります。

中居屋重兵衛は、上野国吾妻郡中居村(現在の群馬県吾妻郡嬬恋村三原)の出身で江戸に出て火薬の研究を行い、1855年(安政2年)には、火薬の専門書「砲薬新書」を出版した人物との事です。また中居屋開店開店直後から会津藩・上田藩などの藩領で生産された生糸を輸出していて、安政6年(1859年)日米修好通商条約締結に伴い横浜が開港されたことから、幕府に強制的に移転させられると外国商人との上州生糸の貿易を半ば独占し(当時上州生糸はもっとも品質のよいことで知られた)、莫大な利益を上げたとの事です。
彼が横浜本町四丁目に建設した店は銅御殿と呼ばれるほど拡大し、一説では後に幕府から営業停止を受けたのは、店の屋根を銅葺きにした中居屋の店の普請があまりに華美であったことが、幕府の怒りに触れたこととされています。

生糸にも色々な話があるんですね。
 

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント