『ホテル発祥の地』の碑

「ホテル発祥の地」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

横浜の大棧橋通りに面して、「横浜情報文化センター」の向かい側の「かをり」の軒先にこの碑はあります。

碑文には「860年(万延元年)、開港直後の2月、横浜のホテルの元祖がこの地(居留地70番)で生誕した。この「ヨコハマ・ホテル」はオランダ人が造ったもので、内部に食堂、ビリヤード室、酒場を設け、数年後には、フランス人シェフのレストランや洋酒、洋菓子の売店、ボーリング室も付設した。宿泊客のハイネは、ここで美味な料理をとれると称賛、他にシーボールト・ワーグマン、クラーク等の著名文化人も多数、宿泊し滞在した。これらの人たちを通じて最新の外国文化の受入れ窓口として 我が国の近代化に果たした役割はまことに大きい。」とあります。

この道はよく通る道なのですが、こんな碑がある事にまったく気付きませんでした。

ちなみにこの「かをり」さん、古くからあるお店で外壁にシダが絡まってたりしてなんかオシャレな佇まいなんです。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント