普通食・キザミ食・ミキサー食・ウラゴシ食、同じ献立を一緒に楽しんで頂きました。

その①、普通食。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

その②、キザミ食。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

その③、ミキサー食。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

その④、ウラゴシ食。

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

数年前から対応させて頂いているのですが、要望に応じてお料理をミキサー食やキザミ(刻み)食等として用意させて頂いています。
御要望には可能な限り対応させて頂いているのですが、お食事される方によって柔かさやミキサーをかける程度、キザミ食の刻む程度、味の濃さの許容範囲などが違って参りますので、御宴席前に必ずお打ち合わせを行い、実際にお出しするものを確認頂く必要があります。

お打ち合わせのなかで「お食事は注射器のようなものを利用される」というお話を頂きましたので、先日のご宴席には普通食・ミキサー食・キザミ食のほかに、注射器を利用するときに詰まったりしないよう、一度ミキサーにかけたものをウラゴシしてより滑らかにしたものを用意致しました。

お食事頂いた皆様には喜んで頂けたようでしたので、ほっと一安心致しました。

打ち合わせをしていると「キザミ食やミキサー食に対応してくれないお店が多いので助かる」と言ったお話を頂く事が多いのですが、個人的にはしっかりした打ち合わせを行う事が出来ればミキサー食やキザミ食にする事自体はそれほど高度なものを要求されるわけではないので、お客様の喜ぶお顔を拝見できるのであれば大した作業ではないと思ってます。

十数名様の御宴席で複数食のミキサー食、キザミ食を用意した事もございますし、ご家族のお食事の席で1食分だけ用意させて頂いた事もございます。

せっかくですので、ぜひぜひお問い合わせ頂きたいと思っています。

カテゴリー: 既存メニュー紹介, 福養軒etc
最近のコメント