『港町魚市場跡』の碑

「港町魚市場跡」の碑

JR根岸線の関内駅に隣接している「横浜市役所」の脇にこの碑はあります。
「明治四年陸奥宗光が神奈川県令のとき高島嘉右工門の市場開設の出願を許可して市内の衣紋坂 (今の横浜公園内) に欧米風の吹貫建築で本格的な食品市場を開設させた当時この市場の取扱品目は魚介鳥肉獣肉青果物などでこれを四品市場といい後年の港町魚市場がこれにあたる明治七年魚問屋組合を設立し市場益々繁栄せり明治四十二年組合長太田徳次郎高島氏より士地千二百七十坪と建物一切の讓渡を受け市場有力関係者と計り横浜食品市場 (株) 創立新築せるも大正十二年の大震災にて焼失し再建営業愈々市場隆盛となる昭和六年法令により中央卸売市場開設のため市場業者一同移轉今日に至る茲に此地の関係者昔日を偲び記念碑を建立す 浜つ子の 明治を偲ぶ 寶船 」とこの碑の横に説明文があります。

1874(明治7)年、この地に生鮮食品の市場を開いた。当時は物流にも便利で繁盛したが、1931(昭和6)年開設の中央卸売市場(神奈川区)へ移転したという事のようですね。

ちなみに高島嘉右工門氏は横浜港開港や、当初の新橋から横浜間の鉄道建設にも貢献した人物のようです。彼はまた伊藤博文とも親交があり、民間人では初めて明治天皇に銀杯を頂戴した一人でもあるとの事。一説によると、「高島町」や「高島台」などは高島嘉衛門の名前に因んだ地名のようです。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント