『象の鼻防波堤』の碑

「象の鼻防波堤」の碑

象の鼻公園の突端の防波堤の先にこの碑はあります。
「 安政6年(1859年)の横浜開港に伴い、幕府は開港場の中央部に波止場を建設し、その中心地点に運上所(税関)を設置しました。この波止場は、2本の突堤が岸からまっすぐに海に向かって突き出た簡素なもので、東側の突堤は外国貨物の、西側の突堤は国内貨物の積卸しに使用されました。
 突堤には外国の大きな船舶がちょくせつ横付けできないため、沖に停泊している船舶から小船に貨物を移し替えて運んできましたが、強風による高波の影響で小船の荷役作業はしばしば妨げられました。慶応2年(1866年)の横浜大火により被害を受けた税関施設などの復興と共に、慶応3年(1867年)、幕府は東側の突堤を延長して象の鼻のように弓なりになった防波堤を築造しました。これが「象の鼻」のはじまりで、この防波堤によって囲まれた水域で行う荷役作業は一気に効率が上がりました。—–」と碑文にあります。

ここらへん一帯は「象の鼻パーク」という公園なのですが、「象の鼻」という名前はもちろんこの防波堤から来ています。
この公園の整備工事の際には、大正12年(1923年)の関東大震災で沈下したと思われる象の鼻防波堤の石積みと舗装の石材が発見されており、一部をそのままの形で保存・展示するとともに、復元した石積みに利用しているとの事です。

この「象の鼻パーク」の中にはいろんなところに碑が立っていて意外と見落としているものもあるようです。
今度時間を作って碑をチェックしてみようと思います。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント