『横浜の下水道のはじまり』の碑

「横浜の下水道のはじまり」の碑

JR石川町駅北(中華街方面)口から西門(延平門)をくぐって横浜中華街西門通りに入り、港中学を過ぎたところ、ちょうど学校と山下町公共駐車場のあいだの道に右折して入ってすばらくまっすぐ進んだところにある横浜市中土木事務所前にこの碑はあります。

碑には「明治3年に関内居留地内全域に陶管を埋設した。これが、わが国最初の近代的下水道であった。その後、明治14年からこれをレンガ造りの下水管に造り変えた。」とあります。また、碑の横には実際に使われていて発掘された卵形下水管が展示されています。管の断面が卵形をしているので卵形管と呼ばれているそうで、この卵形管の一部は現在でも中華街南門通りで使用されているとの事です。

1859(安政6)年に横浜が開港され、横浜の関内地区は外国人居留地として開発されていくなかで、もともとは道路脇の掘割が下水道として利用されていたところ、都市化が進むにつれ居留地の衛生管理が重要になり下水道の整備が求められるようになった。
そのような状況で、横浜に居留する各国領事と幕府との間で「横浜居留地覚書」が交わされ、英国人ブラントンの技術指導により1871(明治4)年に陶管用いた下水道が完成した。
その後居留地の住民が急増するにつれこの下水管も排水能力が追い付かなくなり、1881(明治14)年から6年がかりで改修工事が行われた。
この時に採用されたのが、 これは水量が少ない時にも下水の流速を確保する(汚物をに沈殿させない)ように管の断面を卵形にした、レンガとセメントによって作られた「卵形管」だったという事のようです。

この近辺を歩いていると下水道に関する碑がいくつか目に入りますね。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント