『山手80番館遺跡』の碑

みなとが見える丘公園から根岸森林公園方面に進み、ちょうど雙葉学園さんの前にある元町公園内にこの碑があります。

碑文には「この赤レンガの構造物は、関東大震災前の異人館遺跡で、震災当時はマクガワン夫妻の住居となっていたところです。この一帯は、かつての外国人居留地の中心地で、多くの外国人住宅のほか、学校・病院・劇場・教会などの西洋建築がたちならんで「異人館のまち」をつくっていましたが、今日なおその面影をそちこちに残しています。本遣跡は、煉瓦壁体が鉄棒によって補強されており、耐震上の配慮がなされていましたが、床部のせりあがりや壁体の亀裂が随所にみられ、関東大地震による被害状況を物語っています。現在、地下室部分を残すだけですが、浄化槽をも備え、古き良き横浜の居留外国人の華やかな暮らしぶりをうかがいしることができます。両わきのタイルは遺構から出土したものを複製しました。」とありました。

もう少し調べてみたところ、明治末期から大正初期頃に建てられたフランス人マクガワン夫妻の3階建の住宅だったそうですが、関東大震災により倒壊してしまったそうです。

この碑の両脇には色鮮やかなタイル(複製品)が、そして奥には「ジェラール瓦」がそれぞれ展示されていて、当時の建物の雰囲気がなんとなく掴める感じがしました。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント