『花園橋の親柱』の碑

JR石川町駅北口から中華街に向かって進み、西門通りに入って一番最初にある港中学校さんの校門の柱がこの「花園橋の親柱」です。

今首都高速が走っているところがかつて派大岡川という河川だったころ、この近くには花園橋という橋がかかっていました。今はもう花園橋という地名だけしか残っていませんが、元々は1876(明治9)年、現在の横浜スタジアム南側の派大岡川に架けられた木橋でした。
1888(明治21)年には鉄橋に改められましたが、1923(大正12)年の関東大震災により損壊したため、震災復興橋梁の一つとして1926(大正15)年から1928(昭和3)年にかけて再び架替えられた時にできた親柱との事です。
この花園橋の親柱、全体の高さは約3.8mで石柱と鋳鉄製照明部から構成されていて、全体的にアールデコ調の意匠が施されており、横浜における震災復興橋梁中の親柱としては、最大規模だそうです。
また、1973(昭和48)年に派大岡川が高速道路横浜羽田空港線の建設により埋立てられ、花園橋が廃橋となった際に港中学校の門柱として移築されたとの事です。

当店の近くにこんなものがあるのを今まで知りませんでした。

昔から「関内」「関外」ってどこで分けるんだろうと疑問に思っていたのですが、この派大岡川で分けていたというような話も小耳に挟み、長年の疑問の一つが解決された事も少し感慨深いです。

カテゴリー: 三代目の一言, 横浜『碑』巡り
最近のコメント