『日本庭球発祥之地』の碑

「日本庭球発祥之地」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

カトリック山手教会の右手にある細道を進むと山手公園があり、その山手公園の奥にこの碑はあります。
山手公園は明治4年(1871)に外国人専用のレクリエーションの場として外国人居留地(山手町)のはずれに作られた日本初の洋式公園です。 その山手公園内に明治11年にテニスクラブが結成され、テニスコートが作られたとの事です。
学生時代テニスサークルに属しており、いつかここでテニスをしたよね等と仲間たちと話ししていた事を思い出します。
あの頃は予約するのが困難で、結局ここではテニスはやらずじまいだったのが心残りですが、もうあの頃の体力はないので今再びプレーするのは難しいかもしれません。
ああ、残念。

カテゴリー: 横浜『碑』巡り
最近のコメント