『消防救急発祥之地』の碑

「消防救急発祥之地」の碑っす!

A photo posted by fukuyoken (@fukuyoken3daime) on

JR石川町駅から横浜スタジアムと中華街の間に通る大桟橋通り沿い、ちょうど日本大通りと交差する場所にある「横浜都市発展記念館」の駐車場に隣接してところに公開されている「旧居留地消防隊地下貯水槽」の遺構と一緒にこの碑はあります。

明治初年から旧外国人居留地のこの地には消防隊が置かれ、その後も消防署が置かれて日本初の消防車や救急車が配置されていた事から「日本の消防近代化ゆかりの地」とされています。

実際、私が中学生頃まではこの場所は消防署でした。

大きなレンガ造りの建物に多くの消防車が停められており、壮観だった記憶があります。

多くの小さな男の子がそうであるように、消防車を見に行ったりしていた事を思い出します。

カテゴリー: 横浜『碑』巡り
最近のコメント