『出土した大砲とその由来を考察』した碑

当店『福養軒』から山下公園方向に進み、加賀町警察署様及びロイヤルホール横浜様を通り過ぎたすぐ先のマンションの道路に面した敷地内にこの碑はあります。

その昔はロシア大使館だったその場所で、数十年前にマンションの建設が始まった際に地中深くでこの大砲は発見されました。当時地元紙で大々的に報じられたので覚えている方も多いのではないでしょうか?

当時の報道では、「当時ロシアが密かに持ち込んだのでは???」などの説が大きく報じられていた記憶があるのですが、現在では別の説が有力のようです。

ある藩がこの場所で任に就く時に盛大に行列を作って来たのですが、帰任の際に資金難に陥り、大砲をここに埋めて行ったという説が書かれていました。

色々な出来事が色々な場所で起こっているもんですね。

カテゴリー: 横浜『碑』巡り
最近のコメント