~ 黒豆のお話 ~ その8

最古の「豆豉」が発掘された馬王堆漢墓のお話(3)

馬王堆漢墓の被葬者もまた、世界に衝撃を与えました。

三つの墳墓からはそれぞれ被葬者が発掘されました。2号墓からは盗掘の結果遺骨が散乱した状態の初代軑侯・利蒼が、3号墓からは腐敗して骨格だけになった利蒼夫妻の息子で二代軑侯・利豨或いはその兄弟がそれぞれ出土したのですが、1号墓から出土した利蒼の妻・辛追の遺体は衝撃的でした。

辛追の遺体は、ミイラというよりも生身の遺体と言えるものだったのです。

現在遺体は「湿屍」と呼ばれています。2100年以上前の遺体でこのような異常なほど良好な保存状態は医学的にも高い研究価値を持つと言われています。

次回はこの「湿屍」についてご紹介します。

カテゴリー: 黒豆のお話
最近のコメント