6月14日に厚生労働省にて、子宮頸がん予防ワクチンに関する決定がございました。

当店は横浜・神奈川子宮頸がん予防プロジェクトサポーターズ様(http://yoboucc-sp.qolp.jp/merchantcate/gourmet)の協力店舗としてクーポン券を提供致しております。

この度子宮頸がん予防ワクチンに関して、厚生労働省にて以下の通りの決定がございましたのでご案内致します。

6月14日、厚生労働省は子宮頸がん予防ワクチンの推奨を一時控えるとの方針を決定致しました。この結果、接種は中止しないものの、自治体に対し対象者に個別の案内を出さないよう勧告されます。また、接種に際には推奨されていないことが説明される事から、接種者が大幅に減る可能性があります。このように、法により自治体が実施している定期接種のワクチンで推奨を控えるのは異例の事です。

子宮頸がんワクチンは2010年に国の助成が始まり、予防接種法改正で2013年4月に定期接種になったばかりです。接種は小学6年~高校1年の女子が対象で、父母らから安全性をめぐり懸念の声が出ていました。これまで推計328万人に接種され、1968件の副作用が報告されているとの事です。

今回の決定は、ワクチン接種と健康被害の因果関係がはっきりしないことから、さらに調査が必要である事から下されたもので、今後数ヶ月のうちに情報収集・分析を進め、再び積極的に推奨すべきか結論を出す方針との事です。

今後は以上の点に留意し、ワクチン接種等をご検討下さい。

<参考情報>

NHKによるこの決定に関するニュース報道
朝日新聞デジタルによるこの決定に関するニュース報道

 

カテゴリー: 福養軒etc
最近のコメント